ドライバーが苦手?3ヶ月で上手くなるための基本ポイント

この記事では、ドライバーが苦手な人がよくやってしまうミスと、それを改善するためのポイントをご紹介します。ドライバーの苦手克服には、以下の3つの基本ポイントが重要です。

解説していきます!

1:体と手の位置を遠く保とう

ドライバーが苦手な人の多くは、体と手の距離が近すぎます。この距離が近いと、体の回転がうまくできず、腕の力でボールを飛ばそうとしてしまいます。これを改善するためには、以下のステップを試してみてください。

  • 構えの時に腕を伸ばす: 軽く腕を伸ばして、体と手の距離を保ちます。
  • 体を回転させる: 腕を伸ばしたまま体を回転させると、自然と手と体の距離が遠くなります。
  • 円を大きくする: 手と体が遠いと、クラブの円が大きくなり、ボールを真横から当てやすくなります。

この方法を試すことで、ドライバーを安定して飛ばすことができるようになります。

2:顔を少し動かしても大丈夫

「ボールを最後まで見ろ」「頭を動かすな」とよく言われますが、初心者には少し顔を動かした方が打ちやすい場合もあります。振り子のように体を動かして、効率よくスイングすることが大切です。

  • 振り子のイメージ: 首の付け根を視点にして、体を振り子のように動かします。
  • 左に動かす: バックスイングの時に少し左に動かしてから右に戻すと、クラブが自然に上がります。

頭を動かさないことにこだわりすぎず、振り子の原理を利用してスイングする練習をしてみましょう。

3:力を抜いてリラックス

ドライバーをまっすぐ飛ばしたいと思うほど、当たる瞬間に力を入れてしまいがちです。しかし、これはクラブの自然な動きを邪魔してしまいます。クラブに任せてリラックスすることが重要です。

  • クラブをゆるく握る: ドライバーをゆるゆるに持つようにします。
  • 自然な動きを邪魔しない: 面の向きをコントロールしようとせず、クラブの自然な挙動に任せます。

力を抜いてスイングすることで、ドライバーの挙動が安定し、飛距離も伸びるようになります。

追加のアドバイス

今回紹介した3つのポイントを3ヶ月間続けてみてください。他のスイング理論や体の動きにこだわらず、まずは基本をしっかりと身につけましょう。それでもうまくいかない場合は、他の原因が考えられますが、まずはこの基本を試してみる価値があります。

ドライバーが上手くなると、ゴルフがもっと楽しくなります。ぜひ今回のアドバイスを実践して、ドライバーの練習を続けてみてください。応援しています!