ゴルフクラブのシャフト選び:硬さによる飛距離と方向性の違いを徹底検証

ゴルフクラブのシャフト選びはスコアに大きな影響を与えます。今回は、硬いシャフトと柔らかいシャフトが飛距離や方向性にどのような影響を与えるかを徹底的に検証してみました。

解説します!

1:使用シャフトの紹介

まず、今回使用するシャフトを紹介します。

  • 硬いシャフト: ベンタスの黒 6X
  • 柔らかいシャフト: ディアマナのTM50のS

2:テストの設定

各シャフトで10球ずつ、計20球を打ちます。硬いシャフトでは通常のタイトリストのボールを使用し、柔らかいシャフトでは赤い印をつけたタイトリストのボールを使用します。テストは右ドッグレッグのパー5で実施しました。

2-1:硬いシャフトでのテスト

硬いシャフトで打つ際のヘッドスピードは50ちょっとです。5球ごとに交代で打ち、その結果を確認しました。硬いシャフトの使用感や飛距離、方向性について詳しく見ていきます。

2-2:柔らかいシャフトでのテスト

柔らかいシャフトで打つ際のヘッドスピードも同様に50ちょっとです。硬いシャフトと同様に5球ごとに交代で打ち、その結果を確認しました。柔らかいシャフトの使用感や飛距離、方向性について詳しく見ていきます。

3:結果の確認

  • 硬いシャフトの平均飛距離: 260ヤード
  • 柔らかいシャフトの平均飛距離: 270ヤード
  • ボールの散らばり具合(フェアウェイキープ率): 硬いシャフト 85%、柔らかいシャフト 80%

フェアウェイに落ちたボールの散らばり具合や飛距離を比較しました。硬いシャフトの方が安定性は高いが、柔らかいシャフトの方が飛距離が出る場合があることがわかりました。

この検証の結果、柔らかいシャフトの方が自分に合っている可能性が高いと感じました。硬いシャフトの方が安心感がありますが、柔らかいシャフトの方が飛距離が出やすく、スイングが楽になります。

ゴルフクラブのシャフト選びにおいては、硬いシャフトが必ずしも良いとは限りません。自分のヘッドスピードやスイングスタイルに合ったシャフトを選ぶことが重要であり、柔らかいシャフトも試してみる価値があります。ぜひ皆さんも、自分に合ったシャフトを見つけてみてください!