TAG

アドレス

フェアウェイウッドが当たらない?実はそれ打ち方を勘違いしています。心を捉える打ち方を三浦桃香プロが解説!

ドライバーやアイアンは当たるけどフェアウェイウッドが当たらないダフる。そういうこともあってフェアウェイウッドを入れていても使わない人もいるのではないでしょうか?この記事ではフェアウェイウッドで心を捉える打ち方を三浦桃香プロが解説しています。 ざっくりいうと・・・ 1:払い打ちの「勘違い」 払い打ちを意識しすぎると、ハンドレイトになりやすい。そうなると手首が動いてしまう。 状態が浮きやすくなるのでト […]

これからゴルフを始める人必見!ゴルフ練習でここだけは押さえておきべきポイントを三浦桃香プロが解説【永久保存版】

この記事はゴルフを始めたばかりの方向けに、どのような練習をしたらいいのか、ゴルフのスイングはどういうものなのかということを三浦桃香プロが解説しています。ぜひご覧になって実践してみてください。 ざっくりいうと・・・ 1:初めてゴルフ練習するときに使うクラブ だいたい初めて購入するのはハーフセットだと思うので7番、8番あたりのアイアンを使用。 ドライバーとウェッジの中間なので全部できるこの辺りがいいか […]

まっすぐに、そして遠くに飛ばす!三浦桃香プロによるドライバー必勝4ステップ!

ドライバーを真っ直ぐ飛ばす、飛距離を出すことがゴルフを楽しく続けていくために必要な要素といっても良いでしょう。初心者ゴルファーはスコアよりも、ドライバーが真っ直ぐに飛ぶことで充実感を得ることも多いと思います。 また、アベレージゴルファーがスコアを良くするには重要な要素の一つです。 この記事では三浦桃香プロによるドライバー必勝4ステップを紹介いたします。 ざっくりいうと・・・ 1:基本的なアドレスの […]

どっしり構えるのは「膝じゃない」。みんなが勘違いしている構えを三浦桃香プロが指摘します。

ゴルフをやっている以上、ドライバーの飛距離は悩みだと思います。しかし、構えに関してある勘違いをしている方が多いそうです。この記事では三浦桃香プロによる「正しい構え」をご紹介します。 ざっくりいうと・・・ 1:勘違いしている「どっしり」 大概の人は膝を曲げてガニ股に広げて構えている。そういう人は共通して「体が硬い」 ただし、膝を曲げてしまうと捻転の可動域が狭くなってしまう。 膝を曲げると自ずと前傾姿 […]

アイアンだって飛ばしたい人必見!セカンドショットが楽になる飛ばし方があります

そもそもアイアンは「飛ばす」というよりも「狙う」クラブなのですが、もう少し飛距離があったらセカンドショットが楽になるのになぁと思っている方も多いかと存じます。この記事では「アイアンで飛ばす方法」を3つご紹介します。短いクラブでグリーンを狙えるのでゴルフの楽しさが倍増すること間違いなし! ざっくりいうと・・・ 1:アドレスでのグリップの位置 初心者の方はアドレスでのグリップの位置を気にしていない傾向 […]

超万能なゴルフクラブ、ユーティリティとレスキューの選び方完全ガイド

ゴルフクラブの中でもスコアアップに貢献しているユーティリティ。種類がとても多いので何を選んだらいいかわからないって方いらっしゃいませんか?この記事では自分にあったユーティリティの選び方をまとめています。ご覧ください。 ざっくりいうと・・・ 1:自分に合ったUTのデザイン選び ユーティリティにはソール幅が広いウッドタイプとソール幅が狭いアイアンタイプがある。 90ギリを目指す、80台を出したいなと思 […]

80%のアマチュアゴルファーが「スタンスが右に向いてしまうの」、なぁぜなぁぜ?

練習場ではまっすぐ行くのにいざコースに出たら方向がわからなくなることがありますよね?概ね8割から9割の人が右に向いてしまうようです。この記事ではその「なぁぜなぁぜ」を解決します。 ざっくりいうと・・・ 1:スタンスの向きと自分の肩のラインのズレ 通常構えると右手が下になるわけでそうなると右の肩が出る。必然的にラインが左を向いてしまうので、左の肩で合わせようとすると右に向いてしまう。 それを防ぐため […]

ドライバーが曲がる人は見て!乗れるか乗れないかは構えで決まる?

ゴルフをしている中で、チーピンどころかダックフック・・・いわばショットした後に左に飛んでしまった後にさらに左へカーブするってことありませんか?それはおそらく構えが間違っている可能性があります。 チーピンに特化したレッスンについてはこちらをご参照ください。 ドライバーの「チーピン」を防ぎたい!そんなミスをしている人に佐伯三貴プロがお助け! ざっくり言うと・・・ 1:アドレスはどうなっている? ボール […]

バンカーは練習できない?そんなことはありません、練習場でできるバンカーの打ち方3つ

練習場によってはバンカー自体がないのでラウンド前くらいしかバンカーの練習はできない、もしくはぶっつけでやっている方も多いと思います。そこで、練習場のマットの上からできる練習方法を3つご紹介します。 ざっくりいうと・・・ 1:アドレス 20ヤードの距離を狙う練習をする。 大前提としてバンカーはボールを直接打たないので、アプローチと同じ打ち方をするとヘッドが砂に刺さってしまいざっくりしたりトップが出や […]

アプローチやパターが苦手な人は見て!スコアを縮める練習方法があります!

ラウンドをしていてアイアンショットを外した!なんてことはありませんか?そんな時にアプローチやパターでリカバリーできればいいのですが、あまり練習していない人もいそうです。この記事では確実にスコアを縮めるための練習方法をまとめています。ご覧ください。 ざっくり言うと・・・ 1:小さく振るのが苦手な人 小さく振るのが苦手な人はえてして力んでしまってダフリやトップになりがち、アドレスの際に左肘を若干撓むぐ […]