石川遼プロによるラウンドで役立つパターの練習方法(ショートパット編)

パターにはロングパットとショートパットがあります。同じように見えて実は優先順位が違うんです。この記事は前回の続きで石川遼プロによるパターの打ち方のショートパット編です。ご覧ください。

前回の動画をまだ見てない方はこちらをご覧ください

ロングパット

パターにはロングパットとショートパットがあります。同じように見えて実は優先順位が違うんです。この記事では石川遼プロによるパターの打ち方のロングパット編です。ご覧ください。 ざっくりいうと・・・ 1:ロングパットとショートパット[…]

ざっくりいうと・・・

1:ショートパットで大事にしてほしいこと

大事なのはボールを思ったところに打ち出すことができるかという部分

ショートパットは距離感もロングパットに比べたら重要ではなく、ラインも曲がらないのでそれよりもまっすぐ打ち出すことが大事

2:石川遼プロの練習方法

大体2m前後でまっすぐのところを探す(長時間というよりはチェック程度)

目じるしにボールを置いて、そのボールとカップの間に打つボールを置く

ボールの左右にティーを指す(これが狭くなればなるほど難易度が上がる)

これで自分がまっすぐ打てているのかどうかを確認する。物足りなくなったらティーを狭めていく

ここで重要なのはカップに入れるよりもティーを通すことに重点を置くこと

ボールからティーまでの20〜30cmが通ればそれでよしとしても良い