渋野日向子プロのパター練習方法をアマチュア向けに解説!

渋野日向子プロのパター練習ルーティン

3m,5m,7mでパッド練習

  • 3mでカップインできたら5m、5mでカップインできたら7mと距離を伸ばす
  • ただし、5mや7mで一度でも失敗したら3mに戻ってやり直す

ただしこれはトッププロだからできることであり、3mのカップイン率はプロでも5割を切る。

アマチュアゴルファーでもできる練習

1m,3m,5mでのパッド練習

  • 基本は同じで、1mでカップインできたら3m、3mでカップインできたら5mと距離を伸ばす
  • 大体のプロ選手はこの練習方をしていて、入るまでやめないと言う姿勢が大事
  • 打っていくうちに1mが易しいと思えるようになり、それが自信につながっていく
  • また、1mを入れていかないといけないと言う思いもむしろプレッシャーになる

同じラインから打っていって、同じラインだけど強さによって切れる切れないがあるのを踏まえて練習すると、ラインの読みも鋭くなっていく。

何よりも練習を本番より厳しくする

他の女子プロの練習方法

稲見萌寧プロの練習方法

ざっくり言うと... 1:グリップはクロスハンド 左手が下にくるように構える手首を使ってしまう人やアドレスが傾いてしまう人におすすめ 2:スタンスは肩幅ぐらい 傾斜とかでも異なってくるのでボールの位置はしっくりくる[…]

申ジエプロの練習方法

ざっくり言うと... 1:パッティングの基本 ボール1個分左に置く肩の真下に足の内側がくるようにスタンスを取る左肩を下げない 2:ヘッドアップしない打ち方 目を動かさない打った3秒後にラインを見る 3:コイン[…]