ユーティリティの意外な使い方!パターが得意な人はぜひやって欲しいアプローチの方法

ゴルフクラブは人によって得手不得手があるかと存じます。今回の記事は「ウェッジが苦手でダフリやトップを連発する」と言う方や、「パターには自信がある」と言う方向けに谷原秀人プロのワザ「ユーティリティでのアプローチ」をご紹介いたします。

ざっくり言うと・・・

1:アプローチをする際のユーティリティの構え方

少しアップライトに構え、クラブを立てる。その際にクラブは短く持つ(右手がグリップの先の方ギリギリ)

持ち方はパターのように握る(自分が普段パターを握っている方法)。

腕は伸ばし気味にする(その際ピンと張らないように注意)。

2:打つときのポイント

ヘッドがパターより軽いので力加減は気をつける。

構えでアップライトに構えているので、ボールが当たる場所はフェースの先あたり。

2-1:ボールの位置で転がり方が変わってくる

ボールをセンターより左足めに置いたらキャリーが出る

逆に、センターを右足めに置いたら最初からずっと転がってくれる。

ピンが近くて強く打ちすぎないためには左に置いてスピードを抑えることができ、ピンが奥で絶対食われたくないと言う時は右に置いて転がすこともできる。

3:注意点

振る時はパターと一緒のように体が一緒だと早く触れないが、手首を使うとパンチが出てしまい距離感が合わなくなる。。

頭の位置を動かさないことも大事。頭が動くとロフトに角度がついてしまうので注意。

4:ユーティリティでのアプローチはこちらも参考にしてください。

ユーティリティでのアプローチ

ざっくり言うと・・・ 0:そもそもゴルフはどんなクラブを使ってもいい アプローチでやるのも難しい、パターでも難しいときに使えるコツもあったりする 1:カップまで12〜3ヤードくらいのシチュエーションでやってみる こ[…]

ユーティリティでのアプローチ、あまりイメージが湧かないと思いますが使い方によっては本当に万能クラブなんです。ぜひ実践してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。