コースに出たら避けて通れないのが「傾斜」。4つの状態からの攻略法を三浦桃香プロが解説

練習場ではだいたい平坦なのでスイングも安定し、まっすぐ飛ぶ!って方でもいざラウンドしたら傾斜に悩まされることが多いのではないでしょうか。この記事では4つの傾斜についての攻略法をご紹介いたします。

ざっくりいうと・・・

1:つま先上がりの傾斜

つま先上がりということはボールの位置が高くなる、いわば自分の背が低くなったイメージ。

普段のアドレスよりスタンスを狭くしていつも通りのアドレスくらいに調整する。

ボールの位置はほんの少し右側でグリップを短く握る。

つま先上がりの傾斜に関してはこちらでも詳しく解説しています。

つま先上がりの詳細

普段練習場で練習されている方がコースでラウンドしていて一番焦る、悩むのが「傾斜地」今回はその傾斜地で焦らない打ち方を佐伯三貴プロが解説しています。ご覧ください。 ざっくり言うと・・・ 1:クラブを1番手上げる 傾斜地は球[…]

2:つま先下りの傾斜

つま先下がりということは自分の位置が普段よりも高いのでスタンスを広く構える。

ボールを右側に置き、ハンドファーストを強めに取ると捕まりやすくなる。

つま先下りの傾斜に関してはこちらでも詳しく解説しています

つま先下がりの詳細

傾斜地での「打ち方」というのは ポイントを知らないとなかなか難しいものです。そこで、そのポイントを佐伯三貴プロが解説しています。ご覧ください。 ざっくりいうと・・・ 1:クラブの選び方 意外とヘッドが走ってくれるのでそ[…]

3:左足上がりの傾斜

体重が右足にかかるのでその体重のまま打ちたいので、体重をかけるため右足を少し曲げる。

右足7:左足3の割合。ボールは少し右側に。

傾斜が強い場合で体重が乗り切らない場合はほんの少し左足を下げる。

4:左足下りの傾斜

アマチュアの人が一番苦手としている(ボールが上がらなかったりトップする可能性が高い)。

ボールを右側に置き、左足に体重をかけたまま構えて打っていく(重心右に行くとダフる可能性がある)

この場合はボールは上がらないものだと思って打つと楽に振れる。

傾斜が強い場合はボールをいつもの通りにして左足を下げる(体が硬い場合は最初から下げてもいい)。

左足下りの打ち方はこちらを参考にしてみるのもいいかもしれません。

左足下がりのバンカーショット

ラウンドをしていて心理的に避けたいのが「バンカー」、しかも足元が傾斜していたらテンパってしまうものです。この記事ではこう言った状況をクリアするための「左足下がりのバンカー必勝法」をご紹介します。 ざっくりいうと・・・ 1:シチ[…]

5:まとめ

コースに行くと傾斜があるのは当たり前、少し遠くから低い位置で見ることによって自分の立ち位置がわかるので試してほしい。

それでもわかりにくかったらいつもよりグリップを短く握ってボールをほんの少し右側に置いてあげることで無理せず打つことができる。勇気を持って右側に置いてほしい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。