まっすぐに、そして遠くに飛ばす!三浦桃香プロによるドライバー必勝4ステップ!

ドライバーを真っ直ぐ飛ばす、飛距離を出すことがゴルフを楽しく続けていくために必要な要素といっても良いでしょう。初心者ゴルファーはスコアよりも、ドライバーが真っ直ぐに飛ぶことで充実感を得ることも多いと思います。 また、アベレージゴルファーがスコアを良くするには重要な要素の一つです。

この記事では三浦桃香プロによるドライバー必勝4ステップを紹介いたします。

ざっくりいうと・・・

1:基本的なアドレスの構え方

まずクラブフェースを右手で置いてからフェースを目標方向に合わせて、スタンスをとりグリップを握るという手順。

クラブを適当に置いたりグリップを握った状態から入るとクラブフェースが目標方向に向きづらくなる。

2:スライス改善方法

スライスが多い人は肘の使い方がわかりづらいと思うので、その使い方をわかりやすくするドリルを行う。

普段よりグリップを短く持ってクラブヘッドを目線に持っていく。そこから体の位置から外れないような位置で回転して「ビュン」という音を鳴らしていく。これが肘が返っていなかったり体が突っ込んだりしているとうまく音が鳴らないのでここでクラブフェースを返す練習をしていく。

3:引っ掛け改善方法

引っ掛けが多い人は手打ちになっている場合が多い、そういう人はえてして膝が曲がり過ぎていて可動域が狭くなっている。

構えは膝ではないという説明は下記の記事で詳しく説明しています。

関連記事

ゴルフをやっている以上、ドライバーの飛距離は悩みだと思います。しかし、構えに関してある勘違いをしている方が多いそうです。この記事では三浦桃香プロによる「正しい構え」をご紹介します。 ざっくりいうと・・・ 1:勘違いしている「ど[…]

4:遠くに飛ばす方法

女子プロはなんで飛ぶんだろうと思う人が多いと思う、しかし腕の筋肉は全く使われていない。

ゴルフのスイングは可動域が大きければ大きいほど叩く力が強くなり飛距離も伸びるので遠くに振っている。

遠くに推してあげるイメージ。女子プロの選手は肩にファンデーションがついている人が多いがそれくらい遠くに捻転している。

男性にファンデーションは意識しにくいと思うので、構えた時の右肩の位置に左肩を持ってくるぐらい遠くに引くという意識をするとわかりやすい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。