どっしり構えるのは「膝じゃない」。みんなが勘違いしている構えを三浦桃香プロが指摘します。

ゴルフをやっている以上、ドライバーの飛距離は悩みだと思います。しかし、構えに関してある勘違いをしている方が多いそうです。この記事では三浦桃香プロによる「正しい構え」をご紹介します。

ざっくりいうと・・・

1:勘違いしている「どっしり」

大概の人は膝を曲げてガニ股に広げて構えている。そういう人は共通して「体が硬い」

ただし、膝を曲げてしまうと捻転の可動域が狭くなってしまう。

膝を曲げると自ずと前傾姿勢になるが、この状態は骨盤がロックされる。

その結果可動域が狭いために途中から手を使ってしまう。そうなると伸び上がってしまうので当たらなくなってしまう。

2:足を伸ばした方が「可動域が広い」

三浦プロは「お尻を出して膝を曲げていない」

飛距離をギリギリまで伸ばしたい、可動域を広げてしっかり振りたいというのがあって結果膝を伸ばしている。ピンと飛ばしているわけではないが、曲げすぎは良くない。

プロの試合を見ていると大概膝を伸ばしている。膝が曲がっていた方がグラグラしないイメージだが、お尻を出して構えていてもそう変わらない。お尻に軸があるのでぶれなくなる。

膝は伸ばすのが簡単だがお尻は伸ばすのがなかなかできない。

ただし、腰痛持ちの人が膝を伸ばすことを意識すると負担が大きいのでその場合は気持ち曲げる程度でいい。

3:膝を曲げていたら体重移動しづらい

膝を曲げているということは体感を使用していないので体重移動がしづらいが、お尻を出しているとか道育が広くなり体重移動がしやすくなる。

その結果いいインパクトができるのでいいショットにつながってくる。

イメージとして重いものを放り投げましょうということ。その際に膝が曲がっていたら遠くまで放り投げられない。

想像してもらうとわかるが、重いものを遠くに投げるときは膝を伸ばしていると思う。それがゴルフのスイングになる。

4:足を閉じてやってみる

足を閉じてスイングする練習はこちらの記事で紹介しています。

前回の記事

ドライバーはスピン量が多いとスライスしてしまうし、かと言って少なすぎると弾道が低くて飛距離が出ないものです。この記事ではスピン量が少なくて尚且つ高く飛ぶボールが打てる練習方法を三浦桃香プロが解説しています。 ざっくりいうと・・・ […]

最後までご覧いただき、ありがとうございました。